サメ肝油コラムSQUALENE COLUMN

原材料表示がシンプルな理由

Jun 27, 2019

みなさまこんにちは。
“健康へのヒントをやんわりお伝えする”MGちょこっと講座をお送りします。

今回のテーマは、『原材料表示がシンプルな理由』です。

原材料表示とは?

まずは原材料表示のご説明から。

誰しもお買い物をする際に、加工食品のパッケージ裏などで、原材料の表示をご覧になられたことがある方も多いのではないかと思います。

ここに記載されるものは、その商品を製造する上で用いた全ての原材料です。お客様にわかりやすいよう、加工食品の背面または側面に表示されています。

この中で「、(読点)」で仕切られた中に材料名、「/(スラッシュ)」で仕切られた以後は、すべて食品添加物です。2015年に食品表示法が施行され、統一されたルールで表記されているのでわかりやすくなりました。

マリンゴールドの表示

続いて、弊社商品『マリンゴールド』の表示です。

同じ加工食品という分類ではありますが、マリンゴールドの原材料はとてもシンプル!

主な原材料の「深海鮫肝臓油」、油を封入するためのカプセルの材料「ゼラチン」、そしてスラッシュで区切られた添加物は、カプセルを接着させるための「グリセリン」の3つのみです。

※グリセリンにつきましては、過去にも取り上げましたとおり食用の天然油脂由来ですので、無害で安全なものでございます。詳しくは マリンゴールドの主な栄養素 をご覧ください。

老舗ほど原材料表示がシンプル!

まず第1にマリンゴールドの原材料表示が簡素な理由をご説明します。他にも和菓子の老舗など原材料がシンプルなことが多いですね。
※沢山の老舗に聞いて回ったわけではないので、あくまでこうではないかという想像と私たちのこだわりとを併せた解説になります。m(_ _ )m スミマセン

正直に申しますと、「加工食品」に添加物は使っていないということはまずありません。
※そもそも食品を成型するのに添加物が必要だからです。一般的に製菓に用いる食紅、食品を長持ちさせるための防腐剤が添加物のイメージですが、豆腐のにがり、あんかけの片栗粉などの部類も添加物に含まれます。

で、本題は、なるべく使いたがらない理由。それは第一に健康重視だから。楽に安く大量に作った食品が、お客様にも弊社にとっても納得できる商品にはならないのではという想いと、なにより良いもの=安心、そして安心こそ信頼であり、信頼こそが企業価値だから。と思うのです。

だからこそ厳格な管理の下、手間を惜しまず添加物の使用を必要最小限に留めたいのが製造者としての認識です。日本企業に老舗が多いのも、この“信頼”と健全な運営にあるのではないでしょうか。

逆に添加物を使うメリットは?

安心安全な商品づくりは誰しも考える事。ではなぜ添加物がよく用いられるのでしょうか。

その最大の理由は使った方が安全だから。食品の酸化防止にビタミンCを添加するのが知られ一般的によく利用されています。他にも性質の異なる成分をうまく均一に混ぜるためにも乳化剤が必要です。また製造を簡易にし、コストを抑えられ、大量生産を可能にすることも大きな魅力でしょう。

それでも添加しない理由は?

マリンゴールドは酸化防止剤を使用しておりません。使用する原料を厳選し、毎回分析を行い、良い素材を使っているから添加物を必要としないが一番の理由でしょうか。カプセルに封入されているから酸化しないことはもちろんのこと、酸化防止としての役割を果たすビタミンB・Eがアイ鮫(深海鮫)の肝油にもともと含まれているから、添加する必要がの無いことが判明しております。また、サプリメントでは異なる成分同士をうまく均一に混ぜるために乳化剤を用いますが、深海鮫肝油のみであるマリンゴールドには必要ないので使用しておりません。

逆に添加物を使うメリットは?

最後に本日最大のポイントです!

直接的に人の健康に繋がる食品だからこそ、簡易・安価な添加物に頼らない。そして極力添加物を用いない為には厳格な管理と手間、工程を擁し、それを惜しんで省くことはしたくない。

そしてなにより自分たちにとって最高と思える理想のバランスを守るためでもあります。

弊社が考える理想のバランスについては、是非 スクワレンが99.9%ではない理由 をご覧ください。